ゴルフでの握り方のテンフィンガーグリップ

ゴルフをプレイするのに重要になるのがグリップです。グリップはゴルフクラブとゴルファーの身体を結び力を伝達します。ですからグリップの善し悪しでボールの飛ぶ方向が決まってきます。この事から正しいグリップを覚える事はとても大切になります。

グリップの種類ですが、まずはテンフィンガーグリップというものがあります。これは別名ベースボールグリップとも言いますが、両手の指を絡ませたり乗せたりする事がない為に簡単にできる握り方です。テンフィンガーグリップと呼ばれている、その名前の様に指10本でクラブを握ります。この為に両手でしっかり握ることが可能なので、力のない人向きのグリップとなっています。

10本の指で握るのは苦手だという人もいれば、10本の指で均等に握れるという安心感があり、そのことで肩の力を抜いてクラブを振ることができるようになった、という人もいますから、人によって合うグリップ形体はさまざまです。要は「これが自分に合うグリップ」だというものを見つけて、あとはその方法で練習を積むというシンプルなものなのです。

そしてこのグリップは他の握り方に比べると両手の間隔が離れているので、肘がおり曲げ易く、バックスイングでは手首を左手の親指側に曲げるのも簡単になります。

様々なグリップがあるので初心者の方は自分に合うグリップが見つける為に色々と試してみると良いでしょう。

1つのグリップを試してみてうまく行かない場合に、もう少し練習をすべきか、あるいは別のグリップを試してみるべきかと悩むことがよくありますが、やはりいくつかのグリップ方法を試してみるのが良いようです。